Twitterを楽しむための10ヶ条

私(@akirau)が勝手に決めた10か条です。

僕もまだツイッター初心者ですが、いろんなツイートと
ページを見て習ったことを元に作ってみました。

どうですか?ほかに心がけなければならないことが
ありましたらぜひコメントか、RTをお願いします。(^^)

Twitterを楽しむための10ヶ条!

twitter_32その弌: プロフィール写真をリアルにする

mixiのように、仮想世界のアバターをプロフィール写真にする日本人はたくさんいますが、mixiのようにうまく行きません。ツイッターは基本、オープンなつぶやきのコミュニケーションツールなので、本当のプロフィールを載せているひとほどフォロワーが増え、意見交換が盛んになります。誰だか知らない人の呟きを聞いてもあまり面白くないですよね?

image

twitter_32その弐 :ツイッター内でケンカをしない

これは最近みたツイッター同士の戦いなのですが、見てて痛々しいです。せっかく世界に呟いているのだから、面白いアイディアとか新たな発見を呟いた方がいいと思います。誰も人の愚痴や怒りのメッーセージなんてあまり聞きたくありませんし、自分にマイナスなことにもなってしまいます。

たとえば

Twitter特集をした@diamondweeklyの雑誌 VS ノンフィクション作家の@hga02104さんが
著作権についてTwitter上で口論。

image

twitter_32その参: プロフィールテキストはたっぷり書く

人は誰かををフォローするどうかを決めるとき、一番最初に見るのがその人のプロフィール写真とメッセージです。プロフィールテキストは160文字も書けるので、出来るだけたくさんの事を書くのをお勧めします。

例えば@cappayaさんのプロフィール
image

さらにはプロフィールで草の根運動もできます!
http://twibbon.com/ :Twitterのプロフィール写真を変えて何かの主張をしよう!と呼びかけるサイト。

twitter_32その四:自分のブログにツイート機能を加える

Twitterを使用する人の中にはブログを持っている人がたくさんいます。
なので、ブログを最新するごとに、ツイッターで書くっていう人が多いのですが
僕はそれをTwitterfeedを使って自動にしています。このTwitterfeedに自分の
ブロフのRSSとツイッターアカウントを登録しておけば、自動でツイートしてくれます。

Mixi,Facebook、Orkut, Youtube、などさまざまなサービスを一つ一つ使うのは
とても大変なのですが、こういうのサービスをつなげていったらもっと簡単になると思います。

その他にもこんなサービスをおすすめします。

Twitterバッジ:ブログに自分のツイートのブログパーツを加える。

Twitterフォローミーバッジ:「ツイッターやってます!」を猛アピール

twitter_32その伍:RTと#Hashtagを使う

ツイッターには自分がつぶやくだけでなく、相手の面白いつぶやきを勧める機能、RT(リツイート)があります。

たとえばこんな感じ

image

RTされるのも嬉しいし、ひとの呟きを共感するのが楽しい。(^^)

そしてHashtag(ハッシュタグ)というものも興味深いです。
これはあるテーマに沿っていろんな人がつぶやくものです。
一言でいえばTwitterのコメントに付けるタグ。「Twitter Fan Wiki」が詳しく説明していますが、つぶやく際にこのHashtagsを付けることで、呟きがタグによってグループ分けされ、そのタグに興味がある人が容易にチェックできるようになる。

たとえばこんな感じに: #wearetheworldを使った場合。

image

Hashtagsは1人で使ってもあまり意味がない。複数のユーザーが同じタグを使うことでそのタグ関連の情報が集まる。自分がフォローしていない人のポストでもHashtagsで探せば読むことができます。

#wearetheworldのタグを使った人たちのリストはここで見られます。

image

twitter_32その六: ショートリンクを加える

何かとつぶやくときに、つぶやくだけでなく、それを裏付ける情報元のリンクなど

Twitterでリンクを共有しようとする場合、URLをすべて入力しなければならないとするなら、それだけで発言可能文字数のほとんどを使ってしまうことになる。Twitterも早くからこれを認識し、140文字制限にひっかからないように、自動的にURLを短くするようにしてますが、自分でやりたい場合、次のサイトをおすすめします。
bit.ly: このページにリンクをコピペすれば短縮してくれるし、登録すれば,何人の人がクリックしたのかも分かります。

twitter_32その七: ツイートは30文字ぐらいに留める

ツイートを満杯に書くとRTしづらくしてしまいます。
できるだけ短く尚且つ面白くすることを心がける。

twitter_32その八: ツイッタークライアントを使う

普通にtwitter.comを使うのもいいのですが、ツイッターの
おいしいところはいろんなソフト(API)を使ってやれることです。

おすすめクライアント

TweetDeck:一番機能が多くて、マルチアカウントでも使えます!iphoneアプリもあります。

HootSuite:そのままブラウザーで使うことができるので最適ですし、共同ツイートをすることもできます。

twitter_32その九: リストを作る、フォローする

いろんな人をフォロー(他のユーザーのつぶやきを、自分のホームで見るために登録すること)するとすると、あまりに多くの情報がゴチャ混ぜにでてくるのでリストで整理すると、関連するツイッター同士の呟きが見られます。

たとえば@mash_nahoさんのNPOリストを見てみましょう

image

このリストをほかの人もフォローすることができて、いろんなNPOがやっている
呟きをみることができます。(僕も加わってます!@mash_nahoさんありがとうございます!)

twitter_32その十: ツイートバランスを心がける

呟きには基本的に4種類あるのだと思います。

  1. ふつうの呟き(普通の思ったことを書くこと)
  2. リツイート RT(人のつぶやきをつぶやく)
  3. ダイレクトツイート(DMと書いて、人にメッセージを送るつぶやき)
  4. リンク付きツイート

この四つをバランスよく使うと、楽しいしフォローしている側も
読んでて飽きません。どれかに片寄るとちょっと。。。

ダメな例:

  1. 自分のブログばかりにリンクを行かせるツイート(スパムツイートと呼びます)
  2. 何回もリピートするツイート
  3. 「でも、そうである」みたいな、主語述語がないツイート

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *